産後の悩み、乳首ヒリヒリ、骨盤も

一応子供は完全母乳で育てました。助産院で出産したので色々入院中に指導をしてもらい、退院後も相談に乗ってもらいました。
入院中は乳腺を刺激して柔らかくするためのマッサージもしていただきました(しかしこのマッサージはとにかく痛いかったです。
痛みに強い私でももうやりたくないと感じるほどでした)。私は胸がかなり小さいのですが、胸の大きさと母乳の量は関係ないみたいです。ひたすら回数を飲ませていたせいか、とりあえず子供が満足するくらいは出ていたようです。
しかし、授乳に関係しての胸のトラブルは結構ありました。
まずは産後すぐの胸のはりに伴う痛みです。パンパンに張って、特に寝ている時はとにかく痛かったです。この対策として助産院入院中は極力タンパク質を控えた食事でした。それから痛みが強い時には保冷剤で冷やすと楽になりました。小さめの保冷剤をいくつも冷凍庫に用意しておきました。張るのは子供が飲む量が増えてきたりすると、1週間~10日程度で収まりました。
次は乳首の痛みです。擦れたりして乳首が荒れ、皮がむけてヒリヒリしました。これもだいたい2週間程度で収まるのですが、その間は授乳のたびに痛みます。
助産師さんに教えてもらって、馬油を塗りました。
馬油は口にいれても大丈夫なので、塗ったままで授乳できました。ちなみに、育児書などを読むと授乳前に胸と乳首を消毒したり拭いたりするように書いてあったりしますが、助産師さんに聞くとその必要はまったくないと言われたので、私は1度も授乳前に胸を拭いたりしませんでした。
それによるトラブルもおこっていません。
胸が小さくても母乳の量は問題なかったのですが、まだ子供が小さい時に寝ながら添い乳をする際、口元に乳首を持っていくために自分で胸を手で引っ張ったりして調節していたのですが、胸が小さくしかも硬めなためか、いつもひっぱる胸の内側に指の跡があざになりました。普段はそんなに痛みもないのですが、同じところをひっぱろうとして触れると痛みました。これも保冷剤で冷やすとだんだん収まってきましたし、子供が自分で乳首を探せるようになってからは私が調節する必要がなくなったので、あざもできなくなりました。
たぶんほとんどのお母さんが胸や乳首のトラブルを経験されると思います。
しかし乳腺炎などに進んでしまった方以外は、大抵数週間程度で収まってくるのではないでしょうか。
その時は痛いし辛いですけれど、ずっと続くものではないと思えば乗り切れるのではないかと思います。そしてトラブルが自分で解決できない場合は医療機関などを早めに受診したほうがよいのではないでしょうか。
ちなみ私のお世話になった助産院は、そこで出産した人以外の母乳相談やマッサージも受け付けていました。
たぶん他の助産院でも受け付けているところは多いと思います。しんどい時はそういったところをどんどん頼って、少しでも楽にハッピーに授乳期を過ごしたほうがいいと思います。

それと授乳の悩みの他に大きな問題といえば産後の骨盤の歪み、あるいは緩みではないでしょうか?

私は産後の骨盤の悩みをここで解決しました。

骨盤矯正 大阪

ボーナス

ボーナスの査定のマイナス項目の一つに休日2日とありました。

この2日の休暇は有給休暇です。有給休暇を取得したことを理由にして査定を下げられたのは今回が初めてです。

 

もっと言うと会社に入ってマイナス査定が付いたのも今回が初めてです。そもそも有給休暇というのは会社と労働組合で合意した労働者の権利のはずです。こんなことを理由にマイナスが付くなんてアホみたいの一言です。
政府が働き方改革なんて言っているようですが、末端の現場はこんなものです。あー、アホみたい。

 

top